マイカーで北海道

2018年の夏に3週間ほど、北海道へ車中泊ひとり旅にでかけました。
北海道へは10回近く訪れています。
車中泊でひとり旅はいろんなところへ行っていて、1週間以上っていうのも何度か。北海道へマイカーで行くときはだいたい2週間以上です。

北海道へ行く方法はいくつかありますが、一度飛行機で行った以外、すべてマイカーを使用しフェリーを利用しています。

関東圏から北海道へ向かうにもフェリーのルートがいくつかありますが、以下、利用したことのあるところと、有名どころ。
新日本海フェリー:新潟〜小樽・新潟〜苫小牧(ワンコ連れ1回・ひとり旅1回)
津軽海峡フェリー:青森〜函館・大間〜函館(ワンコ連れで何度か利用)
商船三井フェリー:大洗〜苫小牧(利用したことない)

各フェリー会社で車一台(+運転手1名)にかかる料金が季節や車の大きさでかなり違いがあります。上のリンクから簡単に調べられますので、是非一度検索してみてください。

新日本海フェリーらべんだあ

札幌方面や道北へ向かうには函館や苫小牧からの移動はなかなかの距離があります。
今回は網走や斜里、知床に行く。というざっくりとした目的があったので、体力と高速、ガソリン代を考え新潟まで陸路で向かい、小樽から上陸するのが私にはあってる。というのと、小樽から1時間の札幌にお友だちがいるので♪

ちなみに、2017年春までの『ゆうかり』は20時間かかりましたが、新しいフェリー『らべんだあ』が就航され16時間に短縮。

フェリーの船室

上↑は『らべんだあ』と『ゆうかり』の車一台料金にを含まれるひとり分の船室(下等船室)。
ゆうかりは大部屋(PHOTO右)で11名部屋。たくさんある中で、女性専用というのがありました。
らべんだあは二段ベッド(PHOTO左)、対面式。乗船手続き時にお部屋が決まります。もちろんランクアップできます。

乗船してからはカモメが見送りしてくれるあいだはカモメを撮って、広い船内をブラブラと散策。サロンやジムもあります。
ゆうかりの大部屋のときは同じようにひとり旅をされてる皆さんとお話をして仲良くなったりして、食事も一緒に行ったりしました。
らべんだあは個々のスペースがあり、快適ですが『仲間』はできません。ちょっと寂しいですが、ミニコンサートを鑑賞し、お風呂に入ったり、夕日を撮ったり、これから行く地に思いを馳せたり(笑)。
お風呂はらべんだあから露天風呂がありました。夜の星がとてもキレイなんじゃないかと思い、22時前に入りに行きましたが、船が明るすぎてほとんど星見えずガッカリ★

小樽には新潟をお昼12時出港、早朝4時半に到着します。小樽から新潟には15時発、朝9時すぎに到着。
船内ではFreeWi-Fiが使用できますが、1日5回まで、一回30分です。
まぁまぁ不安定なものですが、LINEをしたりFacebookを更新したり、ちょっとした調べ物をするには充分でした。

ちなみにラウンジでひと組のご夫婦から声をかけられ、うまくWi-Fiをつなげなくて…と、iPadを渡されたのですが、開こうとしているサイトが、ある宗教団体のトップページで新手の勧誘かと思いました(笑)。

このサイトをもっと早く作るつもりが、バタバタでズレズレになってしまって、夏の北海道の様子をアップするのが年を越してしまいましたが、もうすぐ写真展もあることだし、がんばって北海道のたびの様子をアップしていきます!

写真展にきてくれた方が、北海道で過ごした日々に興味を持って、このサイトを訪れてくれるといいな。もちろん、こんな旅のなかで撮った写真に興味を持って写真展にきてくださる方がいらっしゃったらもっと嬉しいです!!

2019年1月19日〜27日デザインフェスタギャラリー(表参道)にて。
詳しくは→をクリック!!写真展のおしらせです!

マイカーで北海道” に対して1件のコメントがあります。

  1. tamaken より:

    ううむ…やっとですなぁw 待ってましたぞ。
    写真展に行けないのが残念だけど、頑張ってねぇ!
    (こちらのアップもね)

    1. なごむ より:

      コメント第一号ありがとうございます!!!
      メチャ嬉しい♪

      で…
      てへへ、たまけんさんもビックリな遅さ!!(笑)
      でも、こっからがんばるので〜!応援よろしくお願いしまーす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください