ぶらり車中泊の旅 in 北海道 vol.1

7月8日、おシゴトを済ませて準備と積み込みをして11時頃に千葉の自宅をでました。
途中何度かの休憩や仮眠をしながら朝の8時頃に新潟港に到着。今回のフェリーも新潟〜小樽ルートの新日本海フェリーにしました。

新日本海フェリーのサイトに登録してあるので、これまでの履歴で車情報は残っているのですが、今回はシュピーレンで!予約は車検証を見ながら、お部屋は一番安いところで、空いてる時期なので女性専用ゾーンにできました。

船室の様子。
対面式で2段ベッドですが、下の方とは入口が違うので足をプラプラ〜なんてことはないです。
薄い掛け布団と上下用に2枚のシーツが用意されています。が、私は寒がりなので、必ず毛布をもう一枚持って入ります。レンタルもあるみたいですよ。
携帯用のコンセントプラグと室内用の電気と小さな箱形の棚があり、足下にもラック、脇には引っかけ用の器具がついています。外にも棚があります。
スライドカーテンもあるので、プライバシーは守られます。

船内のイベント。
今回はシゴトを船内でして札幌の友人宅でネット納品させていただく予定だったので、シゴトが片付くまでは気持ち的にもあまりゆっくりできず、ビンゴゲームや洋上コンサートは参加しませんでしたが、初めてクイズラリーに挑戦しました。
船内のあちこち5カ所にクイズが貼ってあり、全問正解者の中から5名に景品プレゼント。

見事!当たりました(笑)。
景品は3種類のお菓子の中からひとつ選びますが、せっかくなので、船の形の箱に入ったバター飴を選びました。

お昼寝とシゴトと船内散策、夕日撮影を済ませ、夜ごはんはレストランで食べるか、念のため持ってきたカップ麺を食べるか悩んだ結果、めずらしくカップ麺にしました。お湯はインフォメーションでいただけます。
夕日は沈んでからが撮りたい時間でしたが、風が強くてデッキがクローズになってしまい残念★

この日は何度か経験したこの航路の中で一番揺れました。
船酔いをしないので、お風呂へ。洗い場も10人分以上、内風呂ふたつ、露天風呂がひとつ、サウナひとつある、大きなお風呂で、8時頃から入ったのですが、入れ替わりで多くて3人くらいいらっしゃるくらいで、ゆったり入れました。
露天風呂ではまるで海の中にいるかのように、もみくちゃになりながら1時間ほど、うっひゃひゃと入ってました(笑)。

消灯は10時、イヤホンして音楽でも聴きながら寝ようと曲を選んでるうちに寝落ちしました。
翌日10日の4時半に小樽到着で、3時半に放送が始まります。
下船方法と朝のコーヒーを売店で売ってますという放送。をボーッと聞いてました。

順番に下船し、私が降りたのはちょうど到着15分後。
いくらなんでも早すぎるので、慌てて積んだ荷物の整理をし、セイコーマートで毎回必ず購入する〈HO〉を購入し、札幌のお友だちのおうちに向かいました。
〈HO〉とは過去の記事をご覧ください→北海道で『HO』♪

6時半頃にお友だちのおうちに到着し、Wi-Fiをお借りし、データの送信。
先方が出勤してチェックしてOKが出るまで待機させてね〜!…という意識は全くなく、ガッツリおしゃべりしていました。
毎度のパターンですが、一年ぶりのおしゃべりは何度も「もう行かなきゃ!」を挟んでお昼前まで続きましたが、頑張って出発(笑)。

昨年お世話になった方が羽幌にいらっしゃるので、ご挨拶に行き、お食事をごちそうになり、10日の夜はそのまま羽幌のフェリーターミナルで車中泊しました。
すぐ近くに道の駅もあるのですが、ターミナルも24時間駐車可でトイレがすごくキレイなので、おすすめ。

↑上の写真は羽幌に向かう途中、小平の道の駅でちょっと遊んでみました(笑)。
なかなかキレイに飛べた〜。

で、11日からのつづきはまた次に〜。
今回は旅行中に少しずつUPしていこうと思います。だって、車内で電源が使えますから〜♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください