ぶらり車中泊の旅 in 北海道 vol.3

12日、コウホネの家を2時半頃に起き、宗谷岬に向かいました。お天気は↑ご覧の通り★
走ってると道路のすぐ脇に鹿の群れを発見。他にもところどころ鹿、キツネを見かけました。

最北端に到着。ここで日の出から朝の時間を過ごしました。

今回はお天気に恵まれませんね★ 残念です。

朝はコーヒーでのんびり過ごします。
おとなりでは年配の男性が若い男の子ふたりにインタビューを受け、ガッツリお顔も撮影されています…おそらくYouTubeにUPするんじゃないかと。どう扱われるのか…恐ろしい★
まぁ、ドローンを飛ばして動画を撮ってる方のようなので、その辺はわかってるのかな?

と、いいながら、私もだ…。

最北端のガソリンスタンドで給油し、船が帰ってくるのが見えたので、寄り道。
なまこ漁だそう。OKをいただいてます(笑)。陸で待ってる女性がふたり、漁に出てる男性がふたり。手際よく作業をしています。
おシゴトの邪魔をしてはいけないので、お話は伺っていませんが、一日2回海に出るそうです。

その後はのんびりと景色を見ながら時折クルマを止めてパチリ。

ホタテの直売店に寄り道。
ここではいただけないそうで、お土産用のホタテをお願いできるようです。
こんなにホタテいらないだろう〜って思って、自分用にレトルトカレーを購入しただけで、誰にも送らなかったけど、よく考えたら冷凍なんだし、少しずつ料理に使ってもらえば良かったのか…と、今さら思う。

道の駅〈さるふつ公園〉にある〈まるごと館〉でホタテをいただきました。
自分で焼くシステムで焼き方を教えてくれました。バターをのせていただきます。めちゃウマ!!お好みでだし醤油をどうぞ。ってことでしたが、ホタテの塩気とバターでいらなかった。

北見神威岬。〈カムイ〉はと神とか神のような崇高な存在という意味だそうです。
駐車場は広く、夜も使えるようです。ここを定宿にされてるキャンパーがいらっしゃいました。景色いいかも♪

駐車場でマットを担いでる男性がいらしたので、お声をかけてみました。
今から下の岩でクライミングをするというので、見てていいか、撮らせてもらっていいか?と…逆ナンみたいになってしまった…すいません★

掲載の許可もいただいたので、UP。
むかーし、ちょっとだけボルダリングジムに通ったなぁ。結果、重力に逆らって自分の体重を腕と足で支えることができず、断念したんだけども。
いやぁ、あのときもカッコイイなぁ〜って思ったんだ。

18時頃、この日の車中泊場所〈ウスタイベ千畳岩キャンプ場〉に到着。寄り道しすぎて一日かけての移動距離が短い(笑)。

ここはとても広く、草地のゾーンと舗装された駐車場ゾーンがあります。
むかーし、キャンプしたことがあります。あのときよりもずいぶん多いです。私が止めてるところはトイレや炊事棟から少し離れてるので少なめ。

バックには海。後ろのカーテンはあえて開けっぱなしで過ごしました。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場は無料でトイレと炊事棟があり、ゴミも捨てられます。
トイレはトイレットペーパーがありません。前回来たときは慌ててセイコーマートへトイレットペーパーを買いにいきました(笑)。

夜ごはんはさるふつの直売店で購入したカレー(カリー?)。
★さんにいただいたお米を炊いてみました。炊飯はハリオの土鍋を使っています。

  HARIO ( ハリオ ) フタ が ガラス の ご飯釜 1合 萬古焼 炊飯 土鍋 GN-150B新品価格
¥3,519から
(2019/7/15 08:53時点)

↑アマゾンのリンク(うまく表示できない…)。
おうちでも使える土鍋。ごはんがとても美味しくなりました。

炊事棟があるので洗えるのですが、なんだかクセで、お皿にはラップ。
直に使って拭き取る派が多いと思いますが、ラップの方がゴミの体積が少ない…が紙の方が燃やす時の環境には良いと思ったり。

カレーのはスパイシーでホタテもゴロゴロしています。なかなかグー!なお味でした。
あまったごはんは〈オホーツク海の塩〉おにぎりにして翌朝いただきました。

翌日の13日は雨が降ったりやんだり、調子も今ひとつで仮眠の休憩をちょこちょこと挟み、移動日としました。なので、はしょります!(笑)
もうドラッグストアに薬剤師不在で風邪薬が買えず、あちこちうろうろしちゃいました〜★

ということで、今回も長々と失礼しました&お付き合いありがとうございました。
各所のリンクはボチボチつなげて行きます。アマゾンの広告は大事なのに記事にうまく貼れない(泣)。だれかご指導を〜!!!
続きはまた次回に〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください