ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2021 vol.6

ガイドの矢代さんに知床の森歩きを案内していただくのは何度目でしょう?今回も道の駅『ウトロ・シリエトク』のトイレ前に9時に待ち合わせ。
日程のことでいろいろ相談させていただき、天候不良が予測されたため、事前にお願いしていた日より1日早めていただきました。今回はおひとりさまでご案内していただきました。

はじめてのテレマークスキーでの森歩き。いやぁ、めちゃムズ★
スキーは中学の頃から10年以上やってたのに、全然ムリ。何回転んだことか。まぁ、転ぶことは嫌いじゃないんですけども。

羅臼岳(写真右の山)から知床連山がキレイに見えています。夏の姿よりも、雪があると険しさが増す感じです。

流氷がうろこ状。滝からの水が青くてとてもキレイです。

オジロワシ。
なんだか羅臼でたくさん見たからめずらしくなくなってるかも…っていうのを矢代さんは見抜いてました(笑)。どちらも国の天然記念物に指定されて絶滅危惧種ですよ。と。

とても少ないそうですが、私からするとたくさんのシカに会いました。
写真ではわかりにくいですが、大きな木の枝をくわえています。

枝の皮を下顎の歯で器用にめくって中のやわらかいところを食べるそうです。↑取り上げたんではないですよ。

ちょっと早いお昼休み。矢代さんにお願いするときは必ず1日ガイドツアーにしていただきます。

温かく美味しいお昼付きなんです。
これが、簡単にパパッと作ってくれて、美味しい空気と景色+くいしんぼうですから、いつもおかわりまでしちゃいます。

ランチ後はノンビリと歩きます。
午後から崩れ、夜からは荒れ模様の予報通り、分厚い雲が覆い始め、雪が降り始めました。

今年は雪がとても少ないそうで、地面まで掘れちゃうので、シカたちも掘ってエサを探すそうです。

シカがたくさん。このあと、荒れ出すとどこかに避難するそうです。

レンズチョイスが、なかなかタイミングがあわず、広角ついてるときに鳥が来たり、望遠のときにステキな景色が撮りたかったり★
鳥は、ようやく撮れたコ。

ツアーの最後はフレペの滝の展望台。

道の駅に戻る途中、アザラシもチラチラ見かけるのでちょっと見てみましょう〜!って行ったのですが、おらず。残念★

上の写真もかなり降り出していますが、夕方から荒れると通行止めになり、知床から出られなくなってしまう。と、いうことで道の駅で解散後は早々に移動しました。

まずは大好きな小清水へ。
モンベルで少し前から欲しいなと思っていたアウトドア用のサングラスを購入。
ちょっとのあいだ動けない可能性があるので、コンビニに寄って食料の購入と、お願いしてる清里町のRVパーク『清里町ウエネウサルみどり』近くのお風呂へ。

少し遅いチェックインになってしまいましたが、電源つないで安心の車中泊です。

今回の〈ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2021 vol.6〉、冬の知床の様子をアップしました。
このあとは雪がスゴくてRVパーク『清里町ウエネウサルみどり』に2泊させていただきました。

次回はそんなに長くならないと思います(笑)。
そして、これからコインランドリーなど、街で用事を済ませてまた知床に戻りたいと思います。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください