ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2021 vol.3

エゾリスに夢中になった3日間です。

ほかにもエゾクロテンもチラッと一瞬だけ会う(撮る)ことができました。

こんな真っ白な風景?にであったり、がっつり雪国な道も経験しました。
毎年、スノボや長野の地獄谷野猿公園におサルさん撮りに雪道に慣れようと運転していたからか、比較的落ち着いて運転できてるかな…と思いますが、もちろん油断禁物。日が暮れてからは雪道を運転しないようにしています。

ずっとずっとエゾリスさんを見てるわけにもいかないので、移動!ってことで、まず向かったのは道の駅『ピア21しほろ』です。
ここでゴミ袋を購入し分別の方法をお聞きして、明日出させてください。とお願いして、然別湖へ向かいました。

写真は翌朝のですが、ギリギリ明るいうちの17時前、に到着。
夏のぶらりでよく来る、北海道で一番高い場所にある湖、然別湖。
冬の2ヶ月だけ凍った湖の上に、村という意味のコタンができます。コタン入口では体温計測とアプリの接触確認アプリのCOCOAの確認もします。

コタンは20時までなのですが、17時半オーダーストップのアイスバーに間に合いました。
40周年記念オリジナルカクテル『しののめ』、氷のグラス(1500円)でいただきました。

アイスバーは見学だけでもできるようです。人数制限もしていて、出入口わけていました。
もとてもステキな雰囲気。
氷のグラスは2杯目から再利用できます。緑色のカクテルはオリジナルカクテル『コイスム』です。エコです〜(笑)。

チャペルもあります。
ココで結婚式をあげたーい!って行ってる3人組の女のコ大学生(?)が言ってました。いいね〜。ステキだね〜♪撮らせて欲しい(笑)。

足湯。無料で氷の露天風呂も入れます。
9時から20時で専用時間も設けられています。男性専用が17時~18時半、女性専用が18時半~20時。

ポカポカになってクルマに戻るとマイナス19℃の中、車内が0℃…ヒーターつけてくれば良かった(泣)。すぐにヒーターをつけて山用の寝袋にイン。

15℃くらいまで温度があがり、カクテルも飲んで気持ちがいいので、寝ちゃおうかと思ったのですが、翌朝の6時のガイドツアーに申し込んだので、チカラつけなきゃ!と21時くらいからスープ餃子鍋を作り始め満腹で寝ました。

車中泊で夏も利用しているのですが、然別湖のネイチャーガイドセンターの裏手には無料駐車場とトイレがあります。
夜中のトイレは足下に気をつけてくださいね〜。

次のブログでツアーの様子をアップしたいと思います。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください