ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2020 vol.20

知床最終日。北海道の旅ももう終わり間近です。この日は知床五湖を歩くと決めた日です。

お天気予報ではお昼から歩くのが良いと思います。と、知床自然センターの方に教えていただいたので、12時過ぎに知床五湖フィールドハウスにいきました。

知床五湖の歩き方はふた通りあり、高架木道でいつでも無料・安全に散策する方法と、地上遊歩道で、申請書類提出&レクチャーをうけたりガイドをつけたりして散策する方法。レクチャーやガイドは有料で、この日(シーズン)はレクチャー(大人250円)をうけたら歩けます。

午前中はクマさん出没!ってことで、ヒグマの出没時は地上遊歩道を閉鎖されます。先ほどオープンしたばかりとのこと。ビビる★
クマさんとのソーシャルディスタンスキャンペーン実施中!ってことで、ソーシャルディスタンスもなにも、会いたくないし。

レクチャーのお部屋は撮影NGということで撮れませんでしたが、ビデオをみて歩き方の説明を聞いて地上遊歩道入口に続く扉を開けてもらいます。
ちなみに、遊歩道は一方通行です。ある理由以外は逆回りを禁止されています。

遊歩道は大ループか小ループの2パターンが選べます。
大ループは全周で3キロ、五湖→四湖→三湖→二湖→一湖と散策します。小ループは二湖→一湖と歩く全周1.6キロです。

今回私が歩いたのはもちろん大ループ。

歩きにくいところ?は木道が設置されています。木道や道を外れないようにしましょう。

写真は五湖。知床連山は残念ながら雲隠れ中(笑)。なかなかキレイでした。のーんびり歩いています。

四湖。

三湖。…この頃からちょっと体調に異変。通常ならば引き返そう…と考えるところなのですが、クマさんに出会わない限り逆走禁止です。

二湖。知床連山が先ほどよりも少し見えます。

一湖。ちょっと限界で、かなりのスピードで黙々とフィールドハウスへ…今度、ストパ買お★

で、回復してから木道に戻りました。自由に散策できるので、もう一度一湖を。

他にも↑散策中に撮った写真を。あ、クマには会いませんでしたが、エゾリスをみました、ピョーンと駆けていきました。
三湖で見かけた何やら泳ぐもの…たぶん蛇ですかね〜。キノコもいろんな種類ありました。カワイイ。

15時半ごろに散策を終え、知床とお別れ。
小清水でお風呂に入って…と考えながら運転していると夕日の加減が良い感じ。

網走の夕日スポットへ急遽移動です。ギリギリ間に合いました〜♪
しかもこの日は日が沈んでも赤く焼け、良い感じ。

で、遅くなりましたが、小清水でお風呂に入り、道の駅〈摩周温泉〉へ移動して、寝ました。

翌朝、道の駅近くのコインランドリーで洗濯し、摩周の水を組み、今回の旅で知り合った方が釧路で写真をされているようなので、少しおじゃましました。バス停に馬。ちょっと面白かったからパチリ。

釧路からは移動して本別でお肉。はい、もはや、もう〝いつもの〟ドーン。

実は翌日にまたまたタウシュベツ橋梁早朝見学ツアーをキャンセル待ち。
本別から標津くらいまで移動しようと考えていたのですが、キャンピングカーのお知り合いの方が本別のキャンプ場にいらっしゃるってことで少し寄らせていいただくことにしました。

Facebookのキャンピングカークラブの方が数組いらっしゃって、キャンセル出たの連絡もないし、ココで私も一泊させていただくことにしました。
美味しいモノ、お酒もいただいて、翌日、早朝に本別を出発しました。

そのまま、札幌のお友だちのおうちにおじゃまさせていただく予定でしたが、お友だちからの提案もあり、心残りのないよう、平日の月曜日(明日)にタウシュベツ橋梁に続く林道のフェンスの鍵と許可書を役所でもらい、ひとりで行くことにしました。

では、今回の〈ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2020 vol.20〉、急遽変更もあり、明日が楽しみですが、フェリーは明後日の出港です。
なかなかギリギリのスケジュールになっちゃいましたが、明日、楽しんできます!!!

では、次回もまた来てくださいね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください