ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2020 vol.18

昨日の夕方に予約した知床岬まで往復するクルーザー。
今回は〈ゴジラ岩観光〉にしました。他に〈FOX〉もオススメとの声もありましたよ。

大きな観光船よりも小さい方がより陸の近くを行けるそうです。そして、風を感じられる…外に出られるってことですね(笑)。

予約の順番に船に乗り込むようで、クルーザーまで列で歩きます。早いモノ順で場所を確保できるってことですね。
足し算して私は27番目くらい。全部で39名だと思います。

本日のクルーザー(帰ってから撮影)。

2階席の一番後の左側、立ち見席をとりました。左側はもうそこしかなかったので。乗るときに左側がいいと係の方が言っていたので。結果、写真を撮る私には最高の場所だったと思います。

出発。
ゴジラ岩観光の方が見えなくなるまで手を振ってくれました。あちらはお仕事でしょうが…コチラは一番後にいますし、やめどきがわからない(笑)。

ここからの写真は船のうねりがスゴくて水平が取れてないことがあります。あと、空気がかすんでいたのでぱっきりはしてません。あと、今さらですが、私の写真は彩度はイジってません。あと、解説はゴジラ岩観光の引用です。

まずはプユニ岬展望台。ココでいつも夕日を撮っています。今回は望み薄★

コチラがプユニ岬。アイヌ語で「穴のあるところ」。昔は上が繋がっていたみたい。

フレペの滝。
アイヌ語で「赤い水」。水に手を入れたら水中の鉄分で赤くなったという伝説からそう呼ばれているそうです。
二筋の滝が涙に見えることから〈乙女の涙〉という愛称がついています。展望台があって、地上からは知床自然センターから歩いて行けます。

男の涙。
矢代さんのガイドツアーで1年目に連れて行ってもらったところ。
上からは見られない(見られたけど…)位置にあって隠れて泣いてる男の涙。とついてるそう。6月は水量が増えて見事な男泣きになる。

象岩。
象にそっくりな岩…足もアリ。ツッコミは受け付けません。今日との保津川下りしたときも思った…私ってひねくれてるのかなぁ。

岩尾別川。
サケとマスの増殖捕獲所があり、ここで遡上するサケとマスを全キャッチ(笑)。
クマさんはこの日は見当たらず。

柱状節理。
溶岩が海水などで急激に冷やされてこのような地形になる。

はい、このまま細かくやってくとキリがないので、ここからは写真のみ~★

あ、クマさん。ちっちゃ。

出航から1時間半ほどで、知床岬が見えてきました。
シレトコとはアイヌ語で「シリエトク」。〝大地の行き詰まるところ〟〝地の果て〟を意味していて、日本の最北端の地で、道のない岬の中でも日本一長いとしても知られる。ここまで来るには船か徒歩しかなくまさに地の果てと言われる岬です。この場所で海の状態がはっきりと分かれ天候も左右で正反対の時があるそうです。

あぁ、ココでキャンプしたい。

岬からの帰りは驚くほどにスタコラサッサ~と沖を猛スピードで船内アナウンスもほぼナシで帰ります。

皆さんもしら~っと。
今回、受付で「今日は会場うねりが強くて船酔いされるかもしれませんが、お薬(有料)はいりますか?」と聞かれました。運転席以外の車、バス・タクシー・電車は酔うのですがなぜか船は酔わないので、今回も大丈夫でした。おそらく匂いだと思うのですが。ずっと、後でウロウロと帰りも写真撮ってたしね~。

知床連山。
右から順に羅臼岳、三峰岳、サシルイ岳、オチカバケ岳、硫黄山。
道東最高峰の羅臼岳は日本百名山のひとつで羅臼岳と硫黄山は活火山です。特に洋上から見る硫黄山のカルデラがカッコイイ。あ、上の角度からは見えないんだけども。

ぐんぐん進む~。終わっちゃう~(泣)。

12時半。到着。
下りるときにライフジャケットをお返しして下船。そのまま解散となりました。

洋上では涼しいので長袖の羽織るモノを着ていましたが、到着後はめちゃんこ暑い。ってことで、少しでも涼しいかと標高を上げてみました。

知床峠です。羅臼岳がバッチリ見えます。夜も見えると良いんですが。
羅臼岳と星空撮影。たぶん今夜がラストチャンス。ちなみに標高あげても涼しくなかったので…

知床自然センターでお友だちに頼まれてるお買い物。財団への寄付金も含まれたグッズが売ってます。
ちなみに自然センター、年々立派になっていってる。
資料を読んだりして過ごしました。

夕方、いったん夕景撮影の準備をしようと思い道の駅に戻ってみると、然別湖のナキウサギポイントでお会いした方と偶然お会いして、一緒に夕景スポットへ。
今回、初日に考えてたポイントです。

がぁ、なかなか良いんではないかと思っていたのですが、雲が~★
まだチャンスはある!かも?と粘りました。

結果。チーンです。残念。翌日は曇り予報なので、ラストチャンスでした。

道の駅で雲ははれそうにないし。と、再開を祝して?カンパイしました。
途中はパラッと降ってきたりで、酎ハイ飲んでおなかいっぱい食べてふて寝~。と思って空を見上げたら星がチラチラ。
あら~!!お水を飲んでいったん寝て、日が出る前に起きられたら峠に向かおうと就寝。結果は次回(笑)。

では、今回の〈ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2020 vol.18〉、知床のお船に初めて乗りました。
8,800円は私にはちょっぴり高く、ガイドツアーとあわせると…なので、今まで矢代さん優先にしていました。が、今回は〝ガンバレ!〟の応援で〝私はもっともっとガンバル!!〟と乗船しました。人のこと応援してる場合じゃないんだけども★
でも、一度乗っておいて良かったです。またこれからの森歩きの見方が少し変わるんじゃないかと思います。

では、次回もまた来てくださいね~♪






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください