ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2020 vol.14

糠平温泉郷の駐車場で車中泊し、朝から〝ひがし大雪アーチ橋〟めぐりをしました。
温泉郷から三国峠の方へ進み、奥からめぐることに。

まずは〝第5音更川橋梁〟です。
国道273号線沿いの幌加除雪ステーションの駐車場へとめ歩きます。

鉄道時代の名残り、足下はちょっと歩きにくいです。

行き止まりのこちらの柵の奥が〝第5音更川橋梁〟です。

↑柵の奥。

国道の方から〝第5音更川橋梁〟です。上を歩いてみたい。

先ほどは線路跡を歩きましたが、国道沿いも歩けます。

幌加除雪ステーションの駐車場脇から糠平側に〝旧幌加駅〟があります。

お次は〝タウシュベツ展望台〟からタウシュベツ川橋梁。国道沿いに駐車スペースがあります。
短い距離ですが、歩きやすい靴をオススメします。

ダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し水位が上昇する5月頃から沈みはじめ、夏頃には湖底に沈む。…そうなのですが、私が見るときはいつもバッチリ姿が見えてます。
来年は崩落しなくなる〝かも〟ということですが、何年も言われていて、その来年がいつくるのかはわからないです。ただ、少しずつ削れていってるのは確かです。

おすすめ、五の沢橋梁。

橋の長さが7mで1連のアーチ橋です。上を歩けます。注意が必要ですが、下りられます。

〝三の沢橋梁〟は大きな駐車場があり、遊歩道の道として上を歩けるように整備されています。

駐車場から橋を渡ると下りられる道があります。一応階段になっていますが、崩れいているところもあるので注意ですね。


〝三の沢橋梁〟を下から見ました。

パノラマ↑で撮ってみましたよ。タウシュベツ橋梁も見えます。ちっちゃいけど。

次に夜に星を撮りに行った〝ダムサイト展望台〟へ。

お昼もダレもいない。

しばらくダレも通ってないと思われる遊歩道。とダム。

この景色で星空撮影をしました。お昼間も雲が多いのね〜★
ここから先は駐車場が一箇所しかなく、歩く必要があるので、今回はココまでの見学で、一度、糠平温泉郷へ戻りました。

日帰り湯の場所を示した地図をいただいたので行ってみると、どこもお盆休みで混雑のため日帰り湯を中止。

糠平はダメだったので、然別湖まで移動しました。

湖畔にあるホテルでお風呂に入りました。
帰るときにカメラをぶら下げてる私にスタッフが「ナキウサギは撮れましたか?」と聞くので「山登りはしてないので…」と答えると近くにナキウサギがでるスポットを教えてくれました。

すぐに向かい18時まで粘ったら18時過ぎに〝チラッ〟とだけ姿を見せてくれました。
ほんと、チラッとで、サイズ感と色味しかわからない状態でした。当然、写真も撮れず★
親切にいろいろと教えてくださった方が朝も出ると教えてくれたので、明日の朝、撮影チャレンジすることにし、然別湖のネイチャーセンター裏の駐車場で車中泊をしました。

以前、ココは苺ジャムがいた頃の暑さから逃げるための場所でした。日中も涼しく、この夜も13度台になり、とても寒かったです。
キレイな24時間トイレが近くにあるので安心♪ 車中泊してる方も多いです。

朝の然別湖。

翌朝は4時半頃に起きて身のまわりの片付けをして昨日のポイントへ移動。
上の写真はクルマの入口とポイントまでの歩く道。クルマを駐めて10分くらい、ちょっと登ります。

撮れた撮れた♪ 巣穴から出てきてすごく大きな声で鳴きます。こんな小さな体でちからいっぱい鳴く。

エゾナキウサギ、これでもかギャラリー(笑)
6時頃に向かいましたが、 朝、10時頃までほとんど出てきてくれなくて。
エゾナキウサギ、ネズミみたいですよね。種が研究されるまでネズミだと思われていたそうですよ。

お花を茎から食べてました。
ガレ場の岩のすき間で生活しています。中が大きく繋がってるそうです。縄張りがあり、このポイントには3羽のエゾナキウサギがいます。と、通っている方からお聞きしました(笑)。
広い範囲のどこから出てくるかわからず、出てきてもすぐ引っ込んじゃったりするから、モグラたたき状態★

10時過ぎまで撮影していましたが、お昼はあんまり出ないということで終了。
この日は士幌でランチにジンギスカンをいただき…写真なーい!!、翌日のランチは根室に行きたいので、刻んで厚岸の道の駅でお泊まり。雨も降り、素泊まり状態なのでPHOTOは撮ってませんの。

はーい〈ぶらり車中泊の旅 in 北海道 2020 vol.14〉、タウシュベツ橋梁は今回は近くまでいく!と思ってたのですが…チャンスはあと一回。行けるといいなぁ。
エゾナキウサギ、予想外の出会いでした。かわいかったです。他にもモモンガやリスのポイントを教えていただきましたが、冬ですよね〜。冬の北海道もきたいと思っていますが、なかなか難しいです。

では次もまた来てくださいね~♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください