ぶらり車中泊の旅 in 北海道 vol.8

20日、本別の道の駅〈ステラ★ほんべつ〉で朝コーヒーとヨーグルトの軽い朝食を済ませ、ランチ用のパンを購入しました。
写真は撮ってませんが、道の駅の中のパン屋さん、安くて美味しいですよ。おすすめ。

この旅2回目の浮舟、今回は大好きな〝にんにく焼き〟です。
ただいま〜と入りました(笑)。で、また来年〜!と出ました。来年も食べられるといいな。

21・22日は美瑛&富良野で過ごそうかと、移動。道中は降ったり止んだり、モヤったり。
士幌で〈HO〉の無料パスポートを使って〈しほろ温泉プラザ緑風〉へ。

道の駅併設の施設なので、道の駅に止めてると、キャンピングカーに乗ってる方でどこかでもご一緒したような方が。
ニコニコとコチラにいらしたので「どこかでもご一緒しましたね」というと「うとろだね〜」とおっしゃて、少しお話していると、千葉(習志野ナンバー)から女の子ひとり根性あるね。という話になり「昨年も女の子が習志野ナンバーでRV車に乗ってひとりって子がいたんだよ〜。プロのカメラマンでね〜、夜中に羅臼から知床峠に星撮りに行くって出て行ったんだよ〜。」…ん〜、私だわ、多分(笑)。「シルバーのクルマでした?」って聞くと、そう。ってことで「たぶん、私ですね〜」というと「あんたか!どうりで雰囲気似てると思ったわ〜!!」。きっと、来年も会うね。「また来年!」と言ってお別れしました。

夕方、富良野に到着。
翌日の朝から写真を撮りたかったので、閉園の頃にチェックに入りました。
以前来たのはもう10年以上前です。園内はかなり拡大し、駐車場も大きく、変わったように思いました。

夕方の雰囲気も良い感じ。

富良野・美瑛には3つの道の駅があります。
・道の駅〈南ふらの〉は富良野って言っても、私の行きたいところよりは少し離れています。
・道の駅〈丘のくら〉は美瑛の駅の近く。車中泊するにはちょっと小さく、長時間止めるのは気が引ける感じ。
・道の駅 〈白金ビルケ〉は青い池から2キロほどの距離にある新しい目のところです。

この日はどの道の駅も利用せず、美瑛の駅近くの〈3・3・1 鉄西公園〉の駐車場で車中泊。
ココは大型トラックも利用されていて、出入りやアイドリングが気になる方には難しいかもしれませんが、トイレもキレイだし、私はOKでした。

朝、4時半。青い池からスタート。だったら道の駅〈白金ビルケ〉泊まればよかったじゃん!って感じですが、土日だし、混雑するだろうと。朝通ったときは予想通りの混雑っぷりでした。

青い池は時間によったりお天気や日の向きによって色がどんどん変わります。
1時間くらいの間にあんなことしたり、こんなことしたり。

お次は〈ファーム富田〉に移動。前日、近い駐車場もチェックしたのでバッチリ♪
朝の6時半の時点でもう20名以上の人がいました。左手には高い壁があって、日陰になっちゃってるので、下からグワーっとはNGな感じです。

ココの丘で長めに撮って、観光客の方がたくさん来だしたので退散。
今回、他のいくつかのお花畑に行ったり通ったりしたけど、タイミング的にちょうどいいのはファーム富田でした。

お次は〈フラワーランドかみふらの〉です。
9時までクラブツーリズムの貸し切りということで到着後すぐには園内には入れませんでしたが、ちょうどバスに乗り込んでいるところだったので、比較的待たずに園内へ。まだ誰もいな〜い!

地面がスカスカなのは好みではないので腰を低くしてパチリパチリ。

この時間からどんどんと日差しが強くなり、頭がガンガン★
公園に戻り風は涼しいので窓を開け、冷蔵庫に入れていた保冷剤を頭に乗せ水のタンクを首の後ろに氷枕代わりにして横になりました。

夕方、頭痛薬も効き、動けるようになったので、楽しみにしていた十勝岳温泉の〈凌雲閣〉へ。
ちなみにココも〈HO〉のクーポンを使い半額の400円。
まっちゃっちゃの鉄の湯、水浸5センチくらいまでしか見えません。そのため、段差も全くわからず、そろりそろり(笑)と歩かないと足をぶつけてしまいます。

外の露天風呂では明日、十勝岳に登るという方とお話し。
私もまた山登りを始めたいなぁ。けど、体力が全くないし、平日しか動けないのでひとりで強い心から養わなきゃ★

凌雲閣の前から夕日を撮影。
今回は本当に残念なことに夕日と星空に恵まれないですね〜。まぁ、私のタイミングの問題もあるのでしょうが…。

うーん★
撮りながら凌雲閣におひとりで泊まられ、明石から来たって方とお話し、その方は趣味でニコンのフルサイズ一眼レフを使っていて、いろんな先生にも教わったそうで、じゃぁ、夜9時半ごろに一緒に撮ろう!ってことになり、この日は安心して星空撮影に挑める(笑)。

凌雲閣の明かりと、登山口の駐車場トイレの明かりをよけ、なんとかいいところ発見。
そこはトイレの裏でした〜。が、またまた雲〜。
ここでおじさまとは解散。まだ撮るの!根性あるね〜!ということでしたが、やっと星がみえたんですもの。もちょっと粘りたい。

場所をかえ、凌雲閣のテラス。
十勝岳連峰に向けてみました。明るさからココあたりから月が出ることはわかっていたのですが、まさかインターバル撮影開始の10分後にもうでてきちゃうとは〜。

ココで撮影は終了しました。
24時前に就寝。でしたが、お昼と違って、寒くて寒くて。標高も高いし寒暖差激しすぎ。

あ、夜ごはんはコンビニで豚肉の薄切りの少量パックとカット野菜を購入し、家から持ってきていたビーフンを使って焼きビーフンにしました。
生ゴミも出ず、フライパンひとつで車中泊定番料理になっちゃいそうです。

では〈ぶらり車中泊の旅 in 北海道 vol.8〉、みなさま、お付き合いありがとうございました。
また来てくださーい♪




ぶらり車中泊の旅 in 北海道 vol.8” に対して2件のコメントがあります。

  1. ハラさん より:

    さすがカメラマン 画像が最高ですね。

    1. なごむ より:

      ありがとうございまーす!
      場所がみんなステキですもん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください